トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土)

ゴールデンウイークは、、、

皆さん楽しいゴールデンウイークですね
私のような業種は、長期連休になると、待ってましたとばかりに金融機関や工場の
空調機の更新工事が入ります。
 お仕事をいただけるのは、大変ありがたいことですが、皆さん連休中を希望されるので、
結局は1物件しか、工事はできません。
 これが、1年を通じて分散されれば、とても良いのですが、商売は甘くありませんね。
休日や、夜間だからといって、特別料金をいただけるわけではないので、
売上てきには、物件が重ならずに依頼が来た工事を全部受注できるのが
一番たすかります。
 確か去年は、連休を取れました。そういう年もあります。
旅行の予定もしていなかったので、子供たちと、千葉港で釣りに挑戦したり、
家の掃除をしたりしてすごしました。
 今年は連休全部仕事で埋まり、また5月の日曜日も全部、埋まりました。
会社的には、とても良いことですが、家族にはちょっとさびしい思いをさせてしまいます。
 でも、仕事がなければ、最終的に家族もこまるのですから、
社長とパパとの立場の違いで辛いときもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

こんな日も

今週は月曜日から、かなりバタバタでした
24日市原の現場AM7:00集合、お世話になっている同業者さんの応援です。
お店の空調機を入れ替える工事ですが、毎日営業なので、開店前に店内を工事します。
一台が100kg近い室内機です、これを天井へつり下げるのだから大変です。
その日は、携帯電話が鳴り止まず、こうなると仕事に集中できませんよね、便利なものも
困る時があります。
電池が切れてしまいました。
たいてい、そういう時は、良い話はないのですが、今回もそうでした。
その日、緊急で PM9:00から鎌ヶ谷の某金融機関で空調機不具合の調査,
25日AM12:30帰宅。その朝、市原の現場AM6:30集合。
お客さんが来店する前にクレーン車で、屋根上の古い室外機をおろして、新しい室外機を置きます。
お昼には、雷と雨、その後晴れたので助かりました。屋根上の配管作業ですからね。
パイプ内に水分が入ると大変です。
その日は早めに現場を出て、PM5:30頃帰社。と、突然電話、
 明日までに見積もり提出とのこと、PM10:30まで専務(弟)と見積もり作成。
PM11:00帰宅。
 今日も、別現場の見積もり提出、請求書作成、、、。
明日は、現場です。雨らしい、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

千葉市加曽利貝塚公園

午前中、千葉市若葉区にある加曽利貝塚の公園に子供と遊びに行ってきました。
自宅も会社も近くなので、ちょっと広いところで遊びたい時は、出かけます。
一日いられるほど、広くはありませんが、公園のはずれには、田んぼや用水路があり
竪穴式住居の復元モデルや、小さい博物館もあります。
P253i0009830452 木々の種類も地層の花粉から当時の種類を割り出して植えたそうです
といっても、今のものとほとんど変わりません、。
ここに、貝が捨ててあるということは、近くに海があったということで、
確かな記憶ではありませんが、国道126号のあたりは海だったとか。
この近くの畑などは、白っぽく見えるところが多くて、貝殻だらけです。
近くに、貝塚町という町もあります。
小学生のころ、貝塚町の畑で土器の破片をたくさん拾いました、人面の
丸い土器もあったと思います。畑の近くのクラスメートは珍しくないと言っていたような
気がします。
 土器といえば、縄文土器を再現して作っていました。みなさん、真剣に粘土をいじっていました。そういう愛好会の日だったのでしょうかね、、。
 田んぼでは、子供たちが、まだ小さいザリガニを取っていました。
得意げに取るところを見せてくれました。(泥んこ5人組、ありがとう。)
私の子供たちは、その仲間に入れるほど、たくましくはなっかたようで、ちょと引いたところで見ていました。
 私の仕事は、休日、連休関係ない業種なので、休みの日はなるべく、
子供たちと一緒に過ごしたいと努力しているつもりですが、
本人たちは、どう思っているのやら、、、。
 連休も仕事です

Book 加曽利貝塚 4 (4)

販売元:中央公論美術出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

あんなに速くはできない

今日は一般の家庭へ、ルームエアコンを3台取付にいきました。

私と、同業者の応援の方と2人です。

他の現場(業務用エアコン)と日程が重なってしまったので、そちらは、他の同業者の方に

一現場そっくりお願いしました。

 小さい会社どうし、上記のような感じで、助け合って仕事をこなしています。

家電量販店の取付業者さんは仕事がはやいです。日に3から5件もまわり

工事だけでなく、移動の時間もあるのですから、いったい1台をどのくらいの時間で

取り付けてるのでしょう?

私の会社は家庭用の仕事は少ないので、たまに、まとめて家庭用を取付をすると

いつも「量販店さんは、工事が、はやいなあ」と感心してしまいます。

配管が細いだけで、業務用とやることは、基本的にかわらないので、私は細かいぶん

家庭用の取り付けは好きなほうではないですね。

部屋の養生から始って、真空引き、試運転、、、やっぱり1台30分じゃ終わらないなあ、、。

私は、1台1台きちっと取り付けて、できれば長持ちしてほしいという考えでやってます。

だから、それなりに時間はかかるのですよね、、。

修行が足りないのですかね。

お客様は、「安くて動けばいい」と思う方がほとんどなんでしょうか?

「仕上げもよく、きちっとした工事(クレームが少ない)なら、高くても良い」こんな方は

まれでしょうけどね。

だから「ほどよい値段できっちとした工事」が妥当なところだと思います。

お客様にはメリットがありますよね「ほどよい値段できっち」しているのですから。

工事は人間がやることなので、同じ金額でも、工事する人(会社)の心ざしや性格などが

工事そのものに表れてきます。

字や絵や音楽などに似たようなところがあって、1物件が1つの作品のようなものですよね。

まあ、ここに、お金(商売)が、かかわってくるのでヤヤコシイものになっていますが。

お客様側で注意しなくてはいけないのは、「高くて、悪いもの」もごくまれにある、ということですね。

逆に考えれば、「安くて、とても良い」という可能性もあります。

特に各工事の場合は、買い手が工事の人を直接選べないこが多いので、「運」ということになるんでしょうか???

そんなことより、「私は、もっと仕事のスピードをあげなくてはいけない」といううことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

創る人、売る人、着ける人、買う人

今日はメーカーさんの新商品説明会に行ってきました。
今話題のオール電化に関係する、エコキュート温水器、IHクッキングヒーター、や
私の本業である、ルームエアコン、業務用、店舗用エアコンの説明でした。
IHヒーターは能力もかなり上がって、掃除も楽そうだし、火もないので安全で、魚もおいしく焼けるそうです。
説明会終了後に代理店の営業さんがメーカーさんと話をする場をつくってくれました。
せっかくなので、普段、取付け工事をしていて感じている、改善してほしい事などを、話てみました。
 創る人、と売る人、着ける人、では、一つの商品に対する感じ方が、かなり違うんだなというのがわかりました。設計や工場側では良いものを創ったと思っても、工事をする人はどうしてこんなやりづらい形になっているんだろうと思っていたりします。
販売店は商品を工事込みでエンドユーザーさんに売って、その後は修理などで長い付き合いになります。
修理の対応が悪くて、工事がやりづらい商品は、売りたくないですよね。
今日の小さい意見を取り入れてくれて、商品を改善してくれるなら、すごいメーカーさんです。
エンドユーザーさん(買う人)にとっては、工事しやすいというのは、全く関係ないですけど、、。
買う人にとっては、安くて、壊れなくて、修理やサポートが良い商品が一番ですよね。
とっても、当たり前のことなんですけど。



IHクッキングヒーターでつくるわが家のごちそうレシピ

Book
IHクッキングヒーターでつくるわが家のごちそうレシピ

販売元:日本放送出版協会

Amazon.co.jpで詳細を確認する



オール電化住宅のすすめ

オール電化住宅のすすめ

著者:富樫 琢哉

販売元:エール出版社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

冷媒屋さんって知ってますか?初投稿です

はじめまして、

「冷媒屋」というと、「霊媒」のほうに勘違いされがちですが、そっち方面ではありません。
建築設備関係では、エアコンの配管や大きな冷凍庫や冷蔵庫の配管をする工事業者を
こういうように呼びます。電気屋さん、左官屋さん、は有名ですよね。
エアコンは空調設備なので「空調屋さん」とも呼ばれます。
「冷媒」は冷やしたり、暖めたりする為に、管の中グルグル循環しているものです。
 エアコンのフロンガスなどが有名です。
長くなりましが、そういう工事をしている、小さな会社の2代目社長をしています。
 社長2年目、30代後半です。
 会社の宣伝や、社長業?を書くというよりは、日々あったことや、感じたことを
書いていきたいと思っています。
 建築現場の様子など、一般の方が普段見られない事も、紹介できたらと、一方的に
考えています。
 会社のホームページもつくりたいと、がんばっていますので出来上がったときは
見てくださいね。
 Tennkase41              Situgai1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »