« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月27日 (土)

ASIMOに御対面

GWにどこにも子供つれて行けなかったので、代休をとってお台場にある「日本科学未来館」に行ってきました
宇宙飛行士の毛利さんが館長です。
まずは、とてもきれいで有名なプラネタリウムを朝一で見るのが目的です。
10時開館なので9時30分頃到着したのですが、プラネタの整理券をもらってビックリ、
91番でした。1回の上映で100人くらいしか入れないようです。
今日は2回しか上映しないそうです。
子供より大人のグループが多いのにもビックリ。
 内容は、星の説明というより、芸術性が高く、とてもよかったです、すごい星の数でした。
 行くまでは気軽な気持ちでしたが、行ってみると、すごい内容が濃くて、ロボットや体の仕組み
宇宙のこと、環境の事、、、、うーん、今度は一人でじっくりこよう、、。
ボランティアの方がたくさんいて、自分の得意分野で熱心に説明してくれます
ニュートリノのコーナーで本当に熱心に説明してくれたのですが、こっちは何分、理系は弱いので
頭が爆発しそうでしたが、それでも、何のために、それを調べているのかということは理解できました。
 今更ですが、本田のロボットASIMOの実演をみて感動、あの、しなやかな動きやバランス、指先の動き、すごい
アトムも夢じゃないですね、
体が不自由な人のサポートや、危険な場所の作業など、人間に変われるようになれば良いですね、
絶対戦争などには利用してほしくない。
 HPをマイリストに追加しておきましたので、みてくださいね。
子供達は3回目なので、勝手に各々行動していました、さすがo型家族、みんな意見が一致しません。
科学の進歩は環境保護の技術にもつながります。
 私の仕事も地球温暖化やオゾン層の保護という点では関係しています。
エアコンに使われている冷媒ガスをキチンと回収して処理することです。
 皆さんも多少費用はかかりますが、家電リサイクルの徹底や業務用エアコン、冷凍冷蔵設備を処分したり、入替る時はフロンガスの回収処理が必要です、キチンと専門業者に頼んで、環境を守りましょう。
1Fミュージアムショップにはかなり、コアの商品も売っています
私の妻は人体内蔵の立体パズル模型がほしいと言っていましたが、夜怖いので、私が却下しました。
脳の輪切りや、人骨模型もありました、、もちろん天体望遠鏡から、ロボットキットまで、普通のものも
ありました。


オーロラ[DVD]?日本科学未来館映像発信/第1作

P253i0010813695

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月26日 (金)

トイレットペーパーも値上げ?

前回、エアコンの材料が上がってしまったという話を投稿しましたが
ニュースで、紙類も値上がりするとのことを知りました。
まるで、オイルショックの時のようになってしまうのか、、、
 考えるに、今まで、価格競争で安く売り過ぎた事もあると思います
少しづつ、値上げをしていけばよかったのでしょうが、ぎりぎりまで、我慢してしまったので
ここの、原油高が引き金で、我慢しきれなくなったのでしょうか?
大手一社が値上げすれば、まってましたとばかり、業界他社も横並びするでしょうね。
 こういうとき、私たちは、無理な買占めなどは控えて、パニックをふせがなければいけないと思います。
 売るものがなくなれば、もっと上がりますからね。
 ちょっと前にフロンガスの規制でR12とR502というガスが製造中止になりました
これをすごく買い占めた人がいたのですが、結局は対応機器への入替がすすみ
在庫になってしまった人もいます。
 こういう流れで、各業種が業績を上げていき、給料が上がるということになればいいなと思います。
 その為には、多少高くなっても、必要な分を買っていくというのも必要なんでしょう。
100円ショップが200円ショップに変わったりして、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

材料の値段が上がるばかり

ガソリンの値段がかなり上がっているのは皆さん痛感されていると思います。
原油高の影響もあるのでしょうが、私たちの仕事に関連するすべての材料が値上がりしています。
 また、中国の経済発展も関係あるのでしょうか?、詳しいことはわかりませんが、、、。

 業務用エアコンの工事での材料をみると、まず一番大事な冷媒管、これは銅でできています。その上に保温材とよばれるものが被せてあります。
 この材料が、今までは少しずつ値上がりしていたものが、6月から急激に値上がります。
この冷媒管を壁などに固定する、支持金物も少し前に、びっくりするほど値上がりました。
ドレン排水用のエンビ管も上がっています。
 追加用の冷媒まで上がりました。
水道関係でも、鋼管やバルブも上がっています。

エアコンを動かすには電気が必要ですから、当然、電線も使います、この電線も銅でできています、こちらも、倍近く値上がりしています。
 値上がりする前に見積りを出し、決定した物件の工事が始ります。
これは、大変なことです。各物件赤字になってしまうでしょう。
 だいたい、お客様は見積りどおりの金額は出さないものなので、後はご想像にお任せいたします。

景気がよくなってきたと、世間では言われてますが、工費のほうは全く、上がる気配もなく、
というより、安売り合戦が続いています。
 私ども末端で、商売しているところへ、景気の良さがまわってくるのはいつでしょうか?
材料が上がって、ガソリンが上がって経費も上がり、工費は値切られ、
本当に景気は良くなるのでしょうか?
私たちの技術はそんなに、安いものなんでしょうか?
 薄利多売で休みなく、昼夜問わず働いても、結局限界があります。
それなら、イタリアの人々のように、「今日もご飯が食べられた、ラッキーじゃないか」
ぐらいの大きな気持ちで過ごしたほうが良いのか?
それくらいの、度胸があればなあ?
やはり、毎日、地道に生きていくしかないのかな?
そのうち良いこともあるでしょうから、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

運動会

いったい今日は何日だろう、、、21日ですか、、、2週間以上もあけてしまいました
5月の連休からかなり忙しくて時間がありませんでした。
 今日は小学校の運動会でした、昨日から1日延期したおかげで、とても良い天候で
子供も、見る親のほうも気分よくできました。
 ずうっと休みがなくしかも、早出残業続きだったので、からだも気持ちもボロボロだったのですが
自分の子供や、他の子供たちの一生懸命な姿をみていると、感動もするし、気分もすっきりします。
特に、6年生のみんなは、各係に分かれて運動会の準備から進行、かたづけまで、自分たちの競技も含めて
本当に、よくやっていました。
 こういう子供たちをみると、最近のニュースなどで多い犯罪などは考えられないほどです、
みんな、最初は本当に純粋な良い子なのに、大人や社会の身勝手さで、少しづつ変わってしまうのかな?と感じたりしました。
 私個人も、休みなく、朝早くから、遅くまで仕事をしている現状なので、最近本当に悩んでいます。
 お客様は自分が休みの日や営業時間外に工事をしろと当たり前のように言ってきます。
しかも、休日、夜間割り増しどころか、限られた予算内と限られた時間で仕上げろと言います。
これが、当たり前なんでしょうか?
 こんな状況で、子供に躾や、親としての考えを伝えることができるのだろうか?
子供ものことを妻にまかせて、妻は一人でこの難業に耐えられるのだろうか?
ただ、お金を家にいれるだけでは、家の長としての存在価値はないと思うのです
小さいながらも、会社の社長であるけれど、自分の家族もしっかりつくりあげなければいけないんですよね。
しかも、自分の体を壊してしまったら、何もなくなってしまうし、、、。
私、一人なら、明日からでも仕事を変えられるのですが、同士である専務(弟)とも話あって
仕事の受け方を考えようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

桜より葉っぱ

ちょっと前までは、桜が満開で、子供の入学式も桜色で絵に描いたような入学式の状況でした。
夜桜も千葉公園へ見にいきました、ちゃんとライトアップされていて、きれいでした。
でも、私としては、桜が終わって、5月近くになってくると、緑の葉っぱがたくさん目に入ってくる、
この時期がとても好きです。
 緑も夏の濃い緑ではなく、この時期の黄緑というか、若い緑の色が好きです。
毎日のガチャガチャした生活の中から、ふと、緑が目に入った時に、
桜のピンクより、こっちのほうがいいなあ、、、と感じてしまいます。
40歳目前のちょっとおじさんがこういうのは、ちょっと恥ずかしいというか、かなり恥ずかしいですが。
この私の好きな緑のイメージにぴったりな画家さんを知りました、
四街道ヨーカードーのCDショップ(新星堂)となりに画廊がありまして、
ふと、覗いたら、葉 祥明さんという画家の絵がとても気に入りました。
大好きな緑です。他の色もやっぱり良いです。
教科書や絵本などでとても有名な方だそうですが、私は知りませんでした。
それも恥ずかしいかな?絵本というのも、、、、、。
音楽とか、絵とかそういう感性的なものは、能書きより、自分が気に入ればそれでよいと思います。
お金がないのでポストカードを買ってきました。
もちろん緑系の絵です。
マイリストにHPを紹介しておきました。



ASO?阿蘇、ぼくの心のふるさと

ASO?阿蘇、ぼくの心のふるさと

著者:葉 祥明

販売元:佼成出版社

Amazon.co.jpで詳細を確認する




葉祥明美術館

Book
葉祥明美術館

著者:葉 祥明

販売元:作品社

Amazon.co.jpで詳細を確認する




さとうきび畑

Book
さとうきび畑

著者:葉 祥明,寺島 尚彦

販売元:二見書房

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

天井裏にて

前にも書きましたが、今年の連休中は金融機関のビルの空調改修工事を
やっています。
 作業のほとんどが、天井裏の作業なので、腰が痛いです。
時代劇の忍者のように、サササっと歩ければ良いのですが、そうも行きません。
足をかけるところを間違えると、天井から足がズボッとでてしまったり、床まで落ちて
怪我、や死亡なんてこともあります。
 だから、緊張するし、作業は確実に仕上げなければならないし、体制は辛いし、で
一日終わるとクタクタです。
 これから、もっと暑い時期になると、とても暑くて大変です。
それに、色々な設備のダクトや配管や、配線があって、思うように動けないです。
 そして、埃で真っ黒になります。
 普段の生活では体験できない、不思議空間で、おもしろい場所でもありますが、
これに、予算と工期(時間)と確実な施工が加わると、とっても辛い場所になります。
 似たような不思議空間で、床下という場所もあります。
あっつ、それから、休日や夜間でも特別料金は出してもらえませんよ、、、、アハハ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

もう少し細くならないかな?

最近、胃の調子が良くなく、薬だけでは良くなんらないので、主治医の先生が
胃カメラで検査しようとのこと。
 紹介状を書いてもらい、大きい病院へ検査にいきました。
何年か前にも一度、検査したことがありますが、とても苦しかった記憶があります。
 原因がはっきりすれば、早く直るだろうから、しかたない我慢しようと、、、。
それに、新しいカメラは、もっと細くて苦しくないかもしれない、、、と期待してました。
 順番待ちの時が一番いやですよね、前の人が苦しんでいるのが聞こえるわけですから。
それに、喉の麻酔は飲まないで3分うがいしてください、なんて、
何回の飲みそうになったことか、、、すでにいやな気分です。
 とうとう順番がまわってきました。
以前と同じく太いじゃないですか、、、?。そこで、ゴクンと飲んでって?
飲めないよ、と思いつつ勝手にカメラは、入っていきました。
 胃の下のほうへ行ったり、押したり、空気を入れたりと、気持ち悪いです。
ああこれは?、、、なに?
ポリープ取りますよ、、と言われても喋れないじゃないですか。
なんか、違う長いものをカメラの管に入れている様子です。
息を止めてください。って、心臓はバクバクしてるし、できないって。
終わった後、目から涙が流れていたのに気づき、情けなくなりました。
 症状はそんなに悪くないそうなので、良かったのですが、
もう少し、なんとかならないのでしょうか?
お年寄りには、きっと、きついでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »