« ASIMOに御対面 | トップページ | お醤油の野田市 »

2006年6月 7日 (水)

老人ホームの仕事

なかなか忙しくて投稿できません、文章を書くというのは大変ですね。
6/2から5日間、特別養護老人ホームの空調機を更新する仕事をしました。
今までは、夏は冷水を循環させて冷房、冬は温水を循環させて暖房をするという
方式です。昔はこういう方式が多かったようです。
今回はビル用マルチエアコンに入替です。
老人ホームというところは、一年中入居者の方々がいるので休みがありません。
今回は、食堂だったので、時間の制限が大変でした。
午前中は朝食後、2時間くらいしか作業できず、テーブル等を直して、道具もすべて
かたづけます。
午後は1:00から5:30まで作業、その後、デイサービス部分は夜は人がいないので
PM7:00まで作業、その後は寝る方もいるので、作業できません。
 ビスなんか落としておくと、誤飲してしまう方もいるのでとても気を使います。
入居者のみなさんや、デイサービスに来るみなさんを見ていると、
「年をとると、子供の頃に帰っていくのかな?」と感じました。
折り紙を折ったり、塗り絵をしたり、歌をうたったり、おやつを食べたり、、、。
ずっと、出口のところにいる方がいました。
また、エレベーターの前にいたり、確か他の施設に行ったときも、エレベーターから
下りると、何人もの方々がエレベーターのほうを向いて車椅子で座っていました。
「きっと、自分の家に帰りたいのかな?本能的に、出口のほうへ行ってしまうのかな?」
と思うとなんか淋しい気持ちになります。
 仲間がいて、寮母さん達が面倒をみてくれて、食事も栄養を考えて出してくれる。
普段の生活としては、申し分ないとは思うけど、やっぱり、自分の家族と過ごしたいのでしょうね。
 私の場合、まだ、両親も若い方なので、介護など、よくわからないですが、
じゃあ、そうなったときに、自分たちで、全部できるのかと考えれば、自信はありませんね。
そして、自分だって、おじいさんになるわけですよね、、、。
ちょっと考えちゃいます。
 こういう施設で、本当に若い職員さんが多いのに、びっくりしました。
夜勤とかもあるそうですし、体力的にも大変そうな仕事です。
給料は一般サラリーマンと比べるとどうなのかは分かりませんが、
生活の糧としての仕事と考えたら、できない仕事だと思います。
 若い職員さんたち、これからも、がんばってほしいなと思いましたし、
本当は、こういう志のある職業の人(看護士さんや、福祉関係の人)こそ、
高い報酬があるべきだなあと思っています。
やりがいや、満足感などと、報酬がバランスしてこそ、長く仕事を
続けられるんですものね。

|

« ASIMOに御対面 | トップページ | お醤油の野田市 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人ホームの仕事:

« ASIMOに御対面 | トップページ | お醤油の野田市 »