« かなり濃い5日間 | トップページ | これでいいのだろうか? »

2007年12月21日 (金)

ちょっとびっくり

12/19日に メンテの年間契約をしている福祉施設に行ってきました。

年2回、夏前と冬に エアコンのフィルターの掃除と、運転状況の点検、データー取りをします。

12/12にフィルター掃除は終わらせてあります。

結構な枚数です、毎回更新していただけるので、サービスで換気扇のグリルと業冷庫のフィルターも洗っています。

Photo

2人で、AM9:00からPM4:00くらいまでかかります。

びっくりしたのは、12日、フィルターを外した時に、2Fのある1室の室内機のパネルの角がやけに下がったいるのに気づきました。

19日の点検のとき、天井材を外してみると、室内機を吊っているアンカーボルトが抜けていました。

4本中、3本が大丈夫だったので、室内機は落ちなかったのですが、怖いですよね。

最上階だったので、断熱のスタイロフォームの厚みを考えないで、アンカーの穴の深さを決めたので、アンカーが半分弱しか穴に入っていなかったのでしょう。

同じ人が施工したなら、他の4本も、危ないと思い、点検してみると、他の2本も抜けていませんでしたが、ボルトをさわって動かしてみると、やはり抜けてしまいました。

4本中3本抜けたら危ないですよね、、、。

結局、アンカーを3本打ち直しました。

工事の時は、工期がなくても、時間がなくても、要所要所はキッチリやらないと、

後で、大変なことになる。人の上に落ちてくる可能性だってある。

どこの人が施工したのかは、わかりませんが、同業者としては、むなしく思うし、

自分達も、気をつけなければと、思いました。

マンションの強度偽装とか、問題になってますよね。

工事というのは、金額だけでは、判断できない部分が多いです。

結局は、施工するのは人間なんで、同じ金額でも、その人の心の部分が、

とっても出てくるものなんですよね。

だから、お客さんも業者を選ぶのはとっても大事だし、難しいということです。

|

« かなり濃い5日間 | トップページ | これでいいのだろうか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとびっくり:

« かなり濃い5日間 | トップページ | これでいいのだろうか? »