« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

厄年なんだそうだ

1/15日から、急に忙しい、最近のパターンので、この2週間位に仕事が集中。

きっと、2月も半ばになると、また、暇になるのかな?

まあ、3月年度末にまでは、普段は、仕事量が増える。

役所関係の仕事が多い業者さんは、とっても忙しいそうだ。

 年末から、なんか、良いことが無いし、色々空回りだなっと思っていたら。

私は今年は前厄に入ったらしい。

ある、お寺のHPで、厄年スピード判定というコーナーがあったので、生年月日を入力すると

「今年は あなたは 大厄です」

ちょっと 激しい診断結果だなあと思いつつ、心当たりがたくさんある。

「人間も、40年近く生きれば、体や心も疲れてくるころだから気をつけろ」というような

昔からの経験からのことだと思う。

たしかに、自分では気をつけているつもりでも、前よりは、集中力が足りないと、

事が起きてから思うこともある。

20代に比べて、無理がきかなくなったり、体力の衰えを感じたり、体のことで、気になって

イライラしてしまうこともある。

そういうのが重なって、何かが起きるのだろうし、近くにいる人たちにも、迷惑をかけたり。

だから、もう一度、気を引き締めなければいけないのだろうけど。

なんか、もっと、皆で、ニコニコしながら過ごせる社会にならない、かな?

ある意味、あきらめちゃう、ことで、気が楽になれるということもあるかもしれない。

「あきらめちゃう」というのは、投げやりにするという意味でなくて、

自分の背伸びしている部分無理している部分?

「あれもしなくちゃ、こうしなくちゃ」という部分?

けっきょく自分が「やりたい」ことが、一番最後に回ってしまうから、

やりがい、や達成感が少ないのかな?

日本人には無理かな?

「求めない」という詩集が売れているのも、みんなそんいう感じなのかもしれない。

まあ、後、三年間 気をつけて生きよう。

心と、体は直結しているみたいだから、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

うれい来客

1月13日の午後、突然の来客。
高校での部活の後輩で、妻の同期、(もう、私にとっては、後輩という感じはなく、友人だとおもっている)
F君が訪ねてきた。
かれは、2年前くらいから、古楽の声楽(テノール)の勉強のため、イタリアのミラノの学校へ留学している。
私と1歳しか違わないので30代後半なのであるが、仕事で資金をためて、留学した。
もともとは、作曲が専門なのだけれども、この古楽(バロックより前だとおもう)の声楽に興味をもったみたいだ。
今回、日本での演奏会に出演ということで帰ってきたらしい。(お正月ということもあるのかな?)
妻は2年ぶりで、私はもっと会っていなかった。
イタリアにいる間は、メールで(メールマガジンのような感じ)で向こうの生活などを、定期的に知らせてくれる。
もちろん、それは、私だけでなく、今までの交遊関係者に一斉送信。
それを読むのも、ちょっとした楽しみになっている。
 普段の生活では、全く出てこない話を少ない時間楽しんだ。
やっぱり、数年間でも外国で暮らすと、日本の良さが再認識されるらしい。
交通機関の便利さや、時間の正確さ、食べ物のおいしさ、街の清潔感、、、、、。
 一番面白くて、笑ったのは、彼の所属している、合唱団の指揮者(指導者)のはなし。
 イアタリアの人は陽気で、マイペース、時間などあまり気にしないというイメージがある
実際、そういう感じで、小ストライキや、交通機関の時間のルーズさなどが目立つけど。
彼の指導者は、出欠をとり、遅刻なども減点で各個人の報酬(給料?)から差し引くということ。
全然、イタリア人らしくない。
やっぱり、あちらでも、変わった人らしい。
 自分でアパートも探し、仕事のオーデションの申し込み、もするそうだ。
彼は、努力家で才能もありるけれど、それに、行動力もある。
 30歳後半にして、定職にも就かないで、自分のやりたいことを真剣にやっている。
そういう人生もある。
 私にはとうてい、真似できない。ある意味、あこがれでは、ある。
だから、がんばってほしいし、普通の人になってほしくない。
 彼にとってみれば、そういうふうに思われるのも迷惑だろうな?
というか、他の人の生き方は興味ないんだと思う。
彼に、とっては、それが普通というか、違う価値観なんだから。
 彼との話で、日常を一時だけでも忘れて、違う世界に行ったみたいで、本当に楽しかった。
いろんな、業種の人、違う生活をしてる人とあう事は、大切なんだなあ、、、と感じたし、
自分の交際範囲の狭さを再認識した。
 また、彼はイタリアへ戻るらしいけど、今度帰ってくるのが、とっても楽しみになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

プラズマTV納品

1月9日から始まった野田の仕事。クリーンルームの空調機の工事です。
朝8:30頃には現場に到着していたいので、6:00前に会社に来て材料の積み込みをしてから出発です。
2時間はかかるので、実際は8:00頃到着するのですが、6:30の出発だと、道が混んでしまいます。
この、30分が結構大事なんです。
  6:30過ぎに空が明るくなってきます。夜明けですよね。
この、仕事をしていると、季節の変化がとっても感じられます。
 この週は週末は、監督さんの都合と建築屋さんと行程が絡んでしまうので、作業はお休みにしました。
 さすがに、体のリズムがまだ慣れなくて4日しか行ってないのに疲れました。
正月ボケ?かな?
 土曜日10日がちょうど空いたので、プラズマテレビの納品に行ってきました。
まあ、親戚の家なんですけどね。
 冷媒屋(エアコン屋)がなんでTVを売るの?
家電から工具、売れるものはなんでも売りますよ!
 地デジの電波さえ大丈夫ならば、結構セッティングは簡単でした。
というより、テレビのガイダンスに従うだけなんです。
問題は、リモコンチャンネルの番号とTV局がアナログの頃と並びが違ってしまうので、それを手動で入替てあげるのが、やや、時間がかかるくらいです。
 地デジはやっぱり、奇麗ですね。それと、納品した家は、アナログの時、とっても電波状況が悪かったのですが
デジタルになって、それも改善されました。
 TV買い換えたり、アンテナを状況によっては交換しなくてはいけないという、金銭的出費は大変ですが、
映像が奇麗になるのは、とてもメリットがありますね。
 それにしても、最近のテレビが良いのか、地デジがよいのか、2画面表示、番組表表示、内蔵HDDへの録画
もうたくさんの機能。LANや電話回線につないで双方向の通信。(TVを観て、アンケートに回答したり、
そのままTVショッピングしたり)
 ほとんど、パソコンの機能限定版みたいなものですね。
いやー、とっても未来を感じました。
私たちの子供の頃から考えたら、本当に未来の話ですよ。
やっぱり、新しいものは、ワクワクしますね。
はやく自分の家にも欲しいなあ、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

明日から現場です

とうとう明日から現場です。

しかも野田醤油工場なので、朝6:00会社出発です。

日の出前ですよね、、。

起きられるかな?

体がなれるまでが大変なんですよね。

そういえば、今日は、本当に暖かい一日でした。

このまま、春になればいいのにと思ってしまった。

でも、また、寒くなるらしい。野田は千葉より寒いです。

急に話は変わりますが、映画「アース」の前売り券を買わなくては。

確か1/12から公開ですよね。子供は¥500円らしい。

子供達をつれて観にいきたいと思っています。

次男は白熊の映画だと思っているらしいが、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

年始まわり

今日から仕事の開始
4日からの会社も多いでしょうけど、当社は本日からです。
今日は、普段お世話になっている会社に、年始のご挨拶にまわりました。
当社のような小さい会社でも、今日だけで、10件まわるのですから、
たくさんお客さんのいる会社は大変でしょうね。
 でも、面白い現象がここにあります。
会社に伺うと、ほとんどご挨拶したい方々はお留守です。
そう、先方も年始周りなんですよね。
特に同業者の場合、入れ違いになってたりします。
 また、ご挨拶には、タオルをお渡しするのですが、他の方々からもタオルをいただきます。
 きっと上空からこの様子を見る事ができるのなら、人間とタオルが行ったり来たり、追いかけっこをしてる
ように、見えるでしょう。
 冷静に考えると、ちょっと笑えますね。
 私も会社に帰ったら、タオルがたくさんありました。
だから、1年間タオルには不自由しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

新幹線でスキー

ここ何年か、お正月休みにスキーに行ってます

孫たちの為、おじいちゃんちゃんが、前面バックアップ。

(ほんと、助かります。)

この時期しかないでしょ!、胸をはってまとまった休みを取れるのは、

新幹線で行きやすいということで、ここ、三年は、新潟湯沢に定着。

ガーラ湯沢が有名ですが、越後湯沢駅からは、シャトルバスもたくさんあるし、

スキー場もファミリー向けが多くて良いです。

家からバス、電車を乗り継ぎですが、3時間近くで、もうすべることができるのだから

車より楽です。(荷物は運びますけど)

今年は湯沢パークホテル、ホテルの目の前がゲレンデで、夕食は

子供達の大好きなバイキング。お風呂も温泉だから。

高級感を望まなければ(色々な意味で)、家族にはお勧めです。

 そうだ、びっくりしたのは、東京駅の「銀の鈴」。

ここはどこ?というぐらい変わっていました。なんたって、1年に1回だから。

東京のおいしいお店がたくさん、今度ゆっくりみてみたいものです。

 1/4は雪でしたが、5日は良く晴れて気持ちよく遊べました。P1000024_2

2時くらいまで遊んで、5時の新幹線で8時ごろ帰宅、

その日はぐったりです。(疲れて運転しなくてもいいのだから助かる)

日帰りもできそうですね、新幹線に乗るまでがちょっと大変ですが、、。

旅行に行くたびに思うのですが、

もう、お風呂の使い方が、ほんと、マナーが悪い。

タオルのビニールは出しっぱなし、ぬれたタオルもおいたまま、体も洗わずに、いきなり

湯船に入る、オケも、椅子も、庇護そりもそのまま、、、、、。

 毎回これだけは、気分悪くなります。

こういうところで大人が見本になって、子供に教えなければ。

さてさて、明日から仕事が始まります。

1年間を思うと、胸がドキドキするくらい不安です。

今年は、もうちょっと、自分の気持ちを強くもって、ON-OFFをコントロールして

いきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おけましておめでとうございます

正月お休みでブログも休んでしまいました。

お正月休みは結構忙しいものですね。

1/1は朝早くおきて、初日の出を見に行きました。ちょっと方向を誤ったので、

工場の建物から、なかなか出てきません。来年は気をつけようと、

いきなり、初反省。

それでも、出てきた時は、それなりに感動しました。

それから、千葉神社にお参り、午後から私の実家に挨拶に、、、。

次の日は、妻の実家に電車で(お酒を飲むので)いきました。

すでに、カレーが食べたい。

3日は、4日からのスキー旅行の準備、

1泊とはいえ、子供がいると結構な荷物です。

でも、このところは、自分の着替えなどは、(お菓子も)自分のリュックで背負ってくれるようになって、ちゃんと歩いてくれるので、とても楽になりました。

ちょっと前は、荷物に、子供をおんぶに抱っこだったのだから。

子供達の靴やスキーウェアーは一年できつくなる、、、大きくならなくては困るが、

買い替えも困る。ということで、二男はいつも、お下がり。

1年に1回しか使わないのだから、来年は長男の分はレンタルにしよう。

(来年もスキーに行けるようにがんばらねば、、)

中学校くらいになれば、もう、親と旅行なんぞいかないだろう?

自分もそうだったもの、、。

だから、あと、数年の間、なんだ。

一緒にお風呂に入ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »