« エアコン洗浄キャンペーンです | トップページ | まだ時差ボケです »

2009年1月30日 (金)

ザクッと見積もりはできません

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ にほんブログ村 経営ブログへ

関係ないが、、

「杉山さんおしかたね!」(テニス)

見積もりに2日掛かってしまった。

(見積もりだけしていたわけではないけど、、)

しかも、最近、会社のHPや、新しいパソコンのトホホなど、
もろもろで、もう、目と頭が、、、、。
身体を動かしたくなってきた。

元請さんがこれから入札に出す物件なので、「ザクッと」「オオヨソで」「一にらみ」
なんてよく言われますが。
同じ、台数や能力でも、どのような仕様なのか?どんな所に設置するのか、
されているのか?新築?入れ替え?木造?鉄骨?RC?、、、、、、変わってきます。
材料の数量が同じでも、工費が変わります。
もし、受注したら?と考えるとやはり、ザクッとはできません。

後から、「これだけ追加になりました!」は通用しない業界ですから。
でも、「今回これしか予算がないので、よろしく!」は通用するのだから不思議。

あまり、かけ離れた金額の場合は、断ることもあります。
そういう意味での判断基準としても、見積もりは必要です。

一般の方々は、見積もりを比べる時、全部の金額だけ見るのでなく、
きちっと、内容を確認したほうが良いですよ。

A社は全部一式で安い、B社は細かく内容が記入されているが高い。
こんな場合は、A社に一式の内容を確認して、比べるべきです。
A社にB社と同じ項目を増やしてもらうとか、B社に項目を減らしてもらうとか。
安くしたいので、グレードを落とせる項目はありますか?とか
 業者としては、同じスタートラインに立たせてもらって、比べていただきたい。
それでも、業者の質までは、判りませんけどね。
だから、難しい。
 たとえば、有名な設備会社さんに1年後再度別工事を頼んだとしても、
1年前の同じ施工業者さんが来るとは限らないです。
 大きい会社になればなるほど、たくさんの協力会社さんが登録してます。
 もし、前の施工業者さんが気に入ったなら、ご指名する手もあります。
 もちろん、その逆もあります。(元請会社さんの規定もあるでしょうけど、、)

今回、業務用エアコンの入れ替え工事で、しかも、既設配管が使用できるタイプなので
材料は全部拾わなくていいなっと思っていたら。
(配管長や部品の数などを数えたり、測ったりすることを「拾う、拾い出し」といいます)
 冷媒(フロン)の回収破壊もしなくてはいけません。
(地球の為にご協力お願いします)
 かなり、配管長も長いので、標準封入量ではすまされないでしょう。
とうわけで、全系統拾いました、しかも、もらった図面の縮尺が実際と違うので、
拾ったメーター数を修正。
 今設置されている機器を、限られた情報から予想をつけて、標準封入量と
追加チャージ量の計算式を古いカタログからみつけて、、、、。
メーカーと形式が判っていれば、メーカーに聞いてしまうのが早いのですけど、、、。
(中には、HPからも取り出せます)
 その拾った配管長は、新設機器の追加チャージ量の計算に役立ちましたけどね。
「見積もり無料!」
当たり前ですけど、とれない物件のほうが山ほどあるのも事実です。
地道な努力です。

明日は、銀行さんATMコナーのエアコンの洗浄で、夜間作業。

頑張らねば! 最近徹夜は、2日目がつらい、、、。


 

|

« エアコン洗浄キャンペーンです | トップページ | まだ時差ボケです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザクッと見積もりはできません:

« エアコン洗浄キャンペーンです | トップページ | まだ時差ボケです »