« また、寒いぞー! | トップページ | 溶連菌? »

2009年3月27日 (金)

工事金額は誰が決める?

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へブログ村へ!ボタンをクリック

ここ数年前からの傾向ですが、仕事があっても、利益が出ない場合が多い。

見積もりの金額が意味をなさなくなってきているような気がする。

もちろん、ものの価格は「需要と供給」で決まるのが本当でしょうが。

まあ、供給が多いのかもしれないけれど、どうも買い手のほうが強い。

 同じ仕様で、何社かが見積もりをして、その結果受注が決まるのなら

しょうがないと思う。

 まさに本来の意味での「入札」がこれにあたると思う。

 が、最近は、工事が終わってから、

「これしかないので、よろしく」というパターンが多い。

ラーメン屋でチャーシュー麺を食べてから

「今日、150円しかないのでこれでよろしく」と同じではないか、、、?

半分工事が進んでから、「やっぱり、こっちへ移動」とか、「高級な仕様にして」

ということもある。

 醤油ラーメンを半分食べて「やっぱり味噌にして」と同じではないか、、、?

 また、「このくらいの工事なら、半日で終わるでしょ?」って

専門家でない人から時間まで指定されるときがある。

 「きっちり仕事をしたい」でも時間がない、、、。

厳しいです。

 さあ、もう3月も終わり。

恐怖の4月に突入。どうなるか?。不安で寝つきも悪い。

「顔で笑って、心で泣いて」よく言ったものだ、、。

 今日の現場は佐倉の高校、野球部の皆さんの元気な声!

中庭の「考える人」の銅像、、、。対照的。

人は考えすぎると、銅像のように動けなくなってしまうのかも。

こうなったら、考えすぎないで、「本能で動いてみる」のもひとつの策かも、、。

 

|

« また、寒いぞー! | トップページ | 溶連菌? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工事金額は誰が決める?:

« また、寒いぞー! | トップページ | 溶連菌? »