« 家電リサイクル | トップページ | 第1弾 申し込みしました。とうとう!でもまだ秘密 »

2009年11月22日 (日)

雨じゃないじゃん!インサート工事IN浦安

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ ブログ村へ行ってみよう!ボタンをクリック

「インサートは11/21土曜日です」

予定を聞いた時の週間予報は雨だった、、、。

「インサート、、、」

夏にインサートの工事をしたときは、大雨だった、、。

雨だと、マジックは使えない、墨つぼや、チョークラインも駄目

図面はグチャグチャ、足元は危ない、、で良いことはない。

 今日は、晴れでした!

しかも、ポカポカ陽気で風もなく、、、、。

これが本来の能力ですよ、、。

「あなたが日取りを決めてないでしょ!」

 そうですね、、、、。

でも、タイミング的にはちょっと一日遅かったが、まあ、問題ない、、。

 インサートって?

Dscn0839_2 (自分の影が映ってしまった、、。)

見えるかな?床に青、緑、黄色、などの小さい、粒粒。

これがインサートです。

コンクリートを流しこむ前に、機器や配管や電線、照明器具、天井下地を

吊り下げるボルトを差し込むための(実際はメスネジにねじ込む)相手を

寸法どうりに、前もって、配置します。

 コンクリートを流し、固まったあと、この木の板を剥がすと、コンクリートの表面に

ちょうど、この穴(中は雌ネジ)が現れます。

そこに、長いネジをねじ込み、機器を吊ったり。配管や天井下地を吊ります。

色々な業者さんが各々使うので、色わけしてあるわけです。

 これは、鉄筋コンクリート(RC)の工法で多く使われます。

一部、鉄骨構造(S)の床はコンクリートを流すので、そこでも使われます。

こうすれば、後から、穴をたくさんあけないので、強度的にもOKです

 穴といえば、床を貫通したり、壁を貫通する穴も先に管をを埋めておき

その周りの鉄筋を補強しておきます。

これは、スリーブといいます。

 一般の方には、写真の段階は、みることがないでしよう、、。

この段階では、まだ、コンクリート型の段階、インサート、スリーブ、電線配管をして

今度は、鉄筋を敷き詰めます。

そして、コンクリートを流し、木の板を剥がします。

 この鉄筋コンクリートの工法は学校やマンションに多いです。

最近はかなり、減ってきました。

時間と手間がかかりますからね、、、。

 この型をつくるのも、型枠大工さんという専門の大工さんがいます。

鉄筋屋さん、電気、設備(衛生、空調、ダクト、防災、ガス、、、)

 一つの建築工事にはたくさの人が係わります。

 この建築工事が減っているのです、、。

そういえば、夏に施工したエアコン(ガスヒーポン)の室外機が現場から見えました。

Dscn0838_2

(屋上の3台)

もう11月も終わりですね、、、。

悪いことや、否定的なことはもう、考えないで、前に進むしかない。

|

« 家電リサイクル | トップページ | 第1弾 申し込みしました。とうとう!でもまだ秘密 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨じゃないじゃん!インサート工事IN浦安:

« 家電リサイクル | トップページ | 第1弾 申し込みしました。とうとう!でもまだ秘密 »