« 地震の影響 | トップページ | 春の旅行日光へ1 »

2011年3月22日 (火)

TVの報道や自粛

今ちょっと前にも地震が続いた。
当社の事務所は古くはないが、プレハブなのでかなり揺れる。
最近自分が揺れているのか本当の地震なのかわかならい時がある。

震度4かあ  と慣れてきたのも危ないと思う。

あれほど並んでいたガソリンスタンドはすんなり給油できた。
政府を除いて日本人の対応力はすごいと思う。
今週半ばには、大丈夫だろうという話もちゃんと情報としてあった。
節電効果だってちゃんと出ている。

電気工事屋さんや資材屋さんと話す事は、電線やパイプ・冷媒管・冷媒ガスがない
ということ。またメーカーの配送センターが被害をうけてること。
そしてそれらの影響で仕事ができないこと・・・。

 メーカーは被災地優先ということで、資材をまわしてくれないようです。
これで本当に良いのだろうか?
当然被災地優先!それは重要ですが。割合を考えないと・・・。
もちろん全体的に足りないものは、よけいに買わないでみんなで分け合うことも
大事。

 資材が仕入れられない資材屋(商社や問屋)は何を売るのだろう
資材を入手できない工事屋は工事ができない。
そしてお客様も我慢するしかない。
 売れない・工事できない・買えないでは、お金の流れが止まってしまう。
これは工事屋だけではないと思う。

自粛でお客さんが来ないお店・施設・・・
それで生計を立てている業種の方々だっているわけですよね

被害の少ない地域の経済活動までストップさせてしまったら、
被災地をどうバックアップできるのだろうか?

お上もメーカーも少し考えたほうがよい。

娯楽や旅行なども安全を確認して行うほうが良いと思う。
こちらの元気で、盛り上げていかなければいけないと思う。

何で通常の何倍の放射線とか報道するのだろう?
毎年受けている健康診断のレントゲン撮影はどうなるのだろう?

安全ならば安全な値ですと言えば良いことだと思う。

それでも気になる人や 食べたくない人は食べなければ良い。

少しでも残った被災地側の経済活動も止めてしまうのか?
生産者の生きがいや、やる気はどうなるのだろう?

被災地からの生産物を買うことで現地にお金がまわると思う。
現地の方々だって、これから 自分達の生活をとり戻そうと
立ち上がってくるのだと思う。
それが生きる力になるのではないだろうか?

生産活動は経済活動(金儲け)はけして悪いものではないと思う。
その活動を通じて、皆が繋がっているということに気がつかなければ
いけないと思う。
作る人・運ぶ人・売る人・買う人・・・・
絶対どこかで誰かとつながっているはずなんです。

そうやって国全体が繋がっているという事を思いながら皆でがんばっていきましょう





|

« 地震の影響 | トップページ | 春の旅行日光へ1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVの報道や自粛:

« 地震の影響 | トップページ | 春の旅行日光へ1 »