« 本村プロのレッスンと楽天オープンテニス | トップページ | 1年ぶりに医者へ »

2011年10月10日 (月)

楽天オープンその2

昨日の楽天オープン

結果内容を知りたい方はここをクリック。

朝のうち寒かったのに、会場は日差しがもろにあたり、もう暑くて。

で、A・マリーがシングルスとダブルスの決勝に出るため、国際放送時間の関係上

2時間開始時刻が伸びました。さすが世界4位の選手だ・・・・。

1セット目はすんなりとナダルがとった。が

2セット目からはマリーは、エンジンがかかったように調子がよくなり、ミスも少なく

なにせサーブがかなり決まっていた。200キロ代のセンターがバシバシ決まる!

跳ねるナダルのトップスピンを高い打点でしかもバックのストレートで決める。

もう、3セット目はてのつけようがないくらい良かった。

得に2セット後半は、ナダルも粘っていたので、観ているほうも力がはいる。

テニスの試合ってサーブの時から「シーン」として、良いショットがでると

「オー」とか残念だと「アー」とか・・・・。拍手する場面も多いので、

なんとなく上品だ。というより紳士のスポーツだからね。

きっとゴルフもそうなのかな。

緊張・応援の連続なんで、帰ってくると思ったより疲れる。

表彰式のスピーチでもまず対戦した相手を称える。そして自分のスタッフ、スポンサー

会場スタッフ、お客さん・・・。

何しろみんなにお礼と感謝の言葉をかける。

当たり前のことなんだけど、皆がそろって良い試合が運営できるのだから

そして選手が良いプレーをする。よいものができる。

私たちの仕事も同じです。

「本物のプロ」ですね。

ナダルはすぐに上海へ

ツアー選手は休む暇もないんですね。

|

« 本村プロのレッスンと楽天オープンテニス | トップページ | 1年ぶりに医者へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天オープンその2:

« 本村プロのレッスンと楽天オープンテニス | トップページ | 1年ぶりに医者へ »