« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

蜂が!

今日は暑かったですね。今日もか?

屋上での気温はお昼ごろ34℃でした。

メンテ契約をしている福祉施設様の冷房運転点検でした。

エアコン室外機のカバーの一部が損傷して、とれてしまいちょっとした穴があいている機械が1台。

「蜂がとんできた!」とよけると
「中に入っていった!」
「もしかして・・・・。」
恐る恐るカバーを外すと、奥のほうに握りこぶしぐらい(人によって違うが)の蜂の巣があった。
「ひえー!」
知らないであけていたらやばかったです。

施設の事務室に行ってなぜかあった蜂用の殺虫材で撃破。
長い棒で外へ何とか出しました。

フロンガス回収用のボンベのふたの中にいた時もあったので、
まわりに蜂がいる場合は、侮れません。

しかし、顔も体もヒリヒリしてます。

さて、明日は、2件現調後、夕方から、エアコン洗浄の仕事。
また、夜間です。

そして日曜も仕事です。

施設のみなさんも、節電でがんばっています。
でも、あまり無理しないでくださいね。
体調が悪くなっては、何にもならないですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

夏が戻ってきましたね

また、また夏が戻ってきましたね

 先週の寒さのためか夏風邪をひいている方々がまわりに・・・。
今、私、体力的に弱っているのでうつさないで!

今日は、県立高校の事務室の空調機の入れ替え工事。
去年壊れ現場を調査した記憶が・・・。
 我慢でしたね。
この暑さの中、高校生のみなさんは運動部も文化部も練習にがんばっています。
若いな~。
私も中学・高校の夏休みは勉強もせずひたすら部活でした。朝から夕方まで。
吹奏楽部はコンクールシーズンだものね!
運動部は試合があるのかな?
青春だ!
一晩寝れば疲れがとれるのでしょうね。うらやましい。
私なんか、この疲れいつの???って感じです。

 壊れた空調機の入れ替え工事なので、当然暑い場所での仕事。
確かに暑い。
熱中症に気をつけて!でも、時間とおりに終わりにして!矛盾。
そのうち本当に倒れるから・・・。
でも倒れたことがないので、案外精神力が強いのか?

なんとなく、去年より暑くない気がします。
いや、これからか・・・。
去年は昼の暑さが夜にさめないうちに朝が来て、また暑さが重なるような感じだったような?

なんだかんだで7月も終わりますね。
今週も夜間作業がまってますぜ。
 汗をかいているわりに痩せないのは、中年だから代謝がわるくなったのかな?
夜お酒も飲んでないのに・・・。
 夜中に夕飯もよくないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

結果?過程?大事なのは?

昨日、中3長男の総体(サッカー)1回戦だった。

今まで見ていて、それなりに強かったし、地区では優勝したりしているので

何回かは勝ちあがるのかな?とも思っていたが・・・。

(不安要素はありましたが)

本人達もそう思っていただろうけど1点差で負けてしまったそうです。

中学の部活では最後の大会になるわけで、3年間それを目指してがんばってきたでしょう。

スポーツはやはり勝ち負けがありますからね。

「もっと試合やりたかったなあ~」と言っていました。

正直「悔しい!」という感情よりこっちの気持ち、なんとなくわかります。

私はスポーツ系の部活ではなかったけど、最後の演奏会が終わった時に

同じような気持ちになりました。

「もうこの時間や空間をでていかなければいけないんだ・・・」

そして、その瞬間、主役は次の2年生に引き継がれるわけです。

そりゃさみしいですよね。

やっぱり、本当に強いチームは、技術もチームワークも、メンタルも強いところでしょうね。

そういいう意味でちょっと、特にメンタルとチームワークかな?

気持ちかひとつになった時には、実力以上のことができるのも事実。

高校は自分で選んで試験を受けて入学してくるので、なんとなく、似たような人々が

集まる気がする。中学は地域なので、もっといろんな人々が集まっている。

そういう意味ではちょっとまとまるには難しいし、年代が年代なだけにさらに難し。

そういう時に、集団に一人いろんな意味でみんなを同じ方向へ向ける人物がいれば

ちょっとちがってくると思う。まさに、女子サッカー代表の澤選手みたいな人。

きついとき、ピンチの時ほどこういう人が効いてくる。

中学生くらいならそれが顧問の先生の場合もある。

昨日の夜、長男がメンバーとメールのやりとりや電話をしいて

「なんだかみんなが変わった」と言っていた。

「今更???」いやいや それでいいんです。

なんかのきっかけや「ショック」で、気持ちが変わってくるわけです。

学生の部活は、「勝利」が目的じゃないわけで。

いろんなタイプの人が、同じ「勝利」を目標に、いろんなことにぶつかって

小さい「社会」を体験するところ。

先輩や上司(先生)・同僚・・・。これからの生活に直結してくる。

すべて、自分の思うとおりになるわけではない。理不尽なこともいっぱいある。

体験して学んでください。

「変わった!」みんなそれぞれ何に気付いたのか???みんな違うんだろうね!

それもある意味「結果」なんですね。

3年間一つの事をやりつづけ、やり遂げた事は、

これからの人生で絶対「自信」につながる。

そして、部活の運営や人間関係で悩んだり、ぶつかったことは、

全部良い体験になったはず。これは「過程」ですか?

次のステップに向けてがんばってほしい。

自分の息子だけでなくみんなにそう思っています。

やはり、どちらも大切。

結果や過程は何かをやりはじめて最後までやらなければ

体験できない。ということは、やりはじめることが大切ですね。

すこしづつ大人になっていくんだなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

この気温さは?

数日前の暑さはなんだったんですか?

その暑さで、2日間くらいかなり具合がわるかったというか、頭の中が狂ったというか・・・

でも、仕事は納めなければいけないので、から元気で切り抜けたわけです。

責任感は人間を強くするなあ・・・いや、無理は危険です。わかってます。

でも、お客様も涼しくなるのを待ってますからね・・・。複雑。

で、昨日と今日。寒い。極端すぎる。

これでは、高齢の方や体調が悪い方には厳しいですね。

体調管理に気をつけましょう!

今月は先週から、週末にエアコン洗浄の仕事です。

そうそう、15日(日)は朝から夜まで洗浄。この夜間、蒸し風呂状態の作業で、おかしくなったみたいです。

16日は放心状態でしたね。

そういえばコインランドリーに布団を洗いにいったっけ。

今日もエアコン洗浄の仕事。午前午後で2物件。

午後の物件で大当たりでしたね。

最近では一番でしょう!

ルームエアコンなのに・・・。

Dscf1979


 

Dscf1978

これは・・・。すごい

Dscf1981

Dscf1982_3

きれいになりました。

これから汗をかきに行ってきます

リフレッシュ・リフレッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

なんだか全ておかしい

疲労が先か?

心労が先か?

もしくは同時か?

心と体のバランスが崩れてくると何ともいえない気分や体調になる。

自分からの危険信号なんだろう。

大人の自分でさえこんな状況になるんだから、多感で純な中学生くらいの年代で

自分をコントロールできることができるだろうか?

自分の過去を振り返っても、無理だったと思う。

いつも表向きに明るく、ムードメーカーで、周りに気を使う人。

が、一人の時に同じだとは思えない。

私自身を考えても、実は正反対。

逆に、自分の言いたいことは、誰にも言えないで自分で処理しようとする。

「逃げるが勝ち」「俺は俺」という結論になるまでには、

やはりある程度の年齢にならないと無理でしょうし

孤立したり、戦う覚悟も必要。

だから、若い人は、「大人は自己中だ、ずうずうしい」などと感じるでしょう。

これ、自分をコントロールする手段の一つだと思う。

でも本当は「わが道を行く」なら「他人の道」も受け入れなければ

成り立たないと思う。

 

 こういう事件の度、心苦しくて、言葉にならない。

 そして最近あまり耳にしない「卑怯」「卑怯者」という言葉が頭に浮かぶ。

ここ数年、自然災害や今までに考えられないような事件や政治やなんだかんだ

なにか軸となるものが壊れて、いろいろなバランスが崩れて・・・。

でもそれって、みんな私たち人間が原因のような気がする。

みんな人災なのかな・・・?

どうしたらよいのだろう?どうすればよいのだろう?と考えるが・・・。

やはり自分のことを考えてしまう。

「国民(他人)が第一」に考えるなんて やはり神様レベルなんでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

神がおりた

今日、Hさんに神がおりた!

憑依したわけではありません。

やったね、とうとうHさんにも。

助かりました。えらい!

まあ、「ひらめき」や「感」みたいなものです。

最近、仕事でピンチの時、順番に誰かに「神が!」

私も、弟も最近多い。

ピンチが多い?のか・・・?たしかに・・・。

寝ているときに、閃いたり、現場のそのばで閃いたり。

(考え込むと寝ちゃうんでうよね・・・。)

やり忘れをふと思い出したり。

でも、これは、いつも考えていたり・気にしていたりということに

「経験・体験」が融合して閃くわけですよね。

だから、普段から何も感じないで、考えないでいる人は閃かないということですね。

それより、ピンチが多いことのほうが問題か・・・?

いや、難しい物件が多かったということにしておこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »