« この気温さは? | トップページ | 夏が戻ってきましたね »

2012年7月23日 (月)

結果?過程?大事なのは?

昨日、中3長男の総体(サッカー)1回戦だった。

今まで見ていて、それなりに強かったし、地区では優勝したりしているので

何回かは勝ちあがるのかな?とも思っていたが・・・。

(不安要素はありましたが)

本人達もそう思っていただろうけど1点差で負けてしまったそうです。

中学の部活では最後の大会になるわけで、3年間それを目指してがんばってきたでしょう。

スポーツはやはり勝ち負けがありますからね。

「もっと試合やりたかったなあ~」と言っていました。

正直「悔しい!」という感情よりこっちの気持ち、なんとなくわかります。

私はスポーツ系の部活ではなかったけど、最後の演奏会が終わった時に

同じような気持ちになりました。

「もうこの時間や空間をでていかなければいけないんだ・・・」

そして、その瞬間、主役は次の2年生に引き継がれるわけです。

そりゃさみしいですよね。

やっぱり、本当に強いチームは、技術もチームワークも、メンタルも強いところでしょうね。

そういいう意味でちょっと、特にメンタルとチームワークかな?

気持ちかひとつになった時には、実力以上のことができるのも事実。

高校は自分で選んで試験を受けて入学してくるので、なんとなく、似たような人々が

集まる気がする。中学は地域なので、もっといろんな人々が集まっている。

そういう意味ではちょっとまとまるには難しいし、年代が年代なだけにさらに難し。

そういう時に、集団に一人いろんな意味でみんなを同じ方向へ向ける人物がいれば

ちょっとちがってくると思う。まさに、女子サッカー代表の澤選手みたいな人。

きついとき、ピンチの時ほどこういう人が効いてくる。

中学生くらいならそれが顧問の先生の場合もある。

昨日の夜、長男がメンバーとメールのやりとりや電話をしいて

「なんだかみんなが変わった」と言っていた。

「今更???」いやいや それでいいんです。

なんかのきっかけや「ショック」で、気持ちが変わってくるわけです。

学生の部活は、「勝利」が目的じゃないわけで。

いろんなタイプの人が、同じ「勝利」を目標に、いろんなことにぶつかって

小さい「社会」を体験するところ。

先輩や上司(先生)・同僚・・・。これからの生活に直結してくる。

すべて、自分の思うとおりになるわけではない。理不尽なこともいっぱいある。

体験して学んでください。

「変わった!」みんなそれぞれ何に気付いたのか???みんな違うんだろうね!

それもある意味「結果」なんですね。

3年間一つの事をやりつづけ、やり遂げた事は、

これからの人生で絶対「自信」につながる。

そして、部活の運営や人間関係で悩んだり、ぶつかったことは、

全部良い体験になったはず。これは「過程」ですか?

次のステップに向けてがんばってほしい。

自分の息子だけでなくみんなにそう思っています。

やはり、どちらも大切。

結果や過程は何かをやりはじめて最後までやらなければ

体験できない。ということは、やりはじめることが大切ですね。

すこしづつ大人になっていくんだなあ・・・。

|

« この気温さは? | トップページ | 夏が戻ってきましたね »

コメント

こんばんは^^

いろんな人の価値観に触れることは大きな成長につながるように思います。だから、自分がよしとしないような価値でも1回は触れて感じて理解してみようとするのもありかなと。

投稿: 華凜 | 2012年7月25日 (水) 19時28分

コメントありがとうございます
そのとおりですね。
こんな考え方の人もいるんだというのが大事ですね。

投稿: けにち | 2012年7月25日 (水) 20時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果?過程?大事なのは?:

« この気温さは? | トップページ | 夏が戻ってきましたね »