« 雪ではしかたなく | トップページ | 冷媒回収 »

2014年2月11日 (火)

おかげさまで

新垣君の件、大学側が退職を白紙にもどしたというメールが届きま

した。
賛同者7700人以上とのことです。
御賛同いただいた皆様ありがとうございました。
彼自身が大学を続けるかどうかはわかりません。
でも
こんなにたくさんの方々の気持ちを動かした事実。
それに対応して、大学側も白紙にした事実。
が今度はあります。

世間にこの事実が伝える事も沢山あるでしょう。
一番は、彼がこれから人生をやり直していく為の力、支え
になる事は間違いないと思います。

人には、色々な欲があると思うのですが、

お金や物の欲など実態があるような欲とは別に、
「認められたい欲」「必要とされる欲」「ほめてもらいたい欲」な
上手く表現できませんが、ちょっと曖昧で実態がないけど、
生活の中で自分の存在を確かめられる、実感できる欲もあると思います。

あくまで私の感覚ですけど、新垣君のそういうところを満たしてくれる
のが、今、まだ出てこない本題の沈黙の彼だったのではないかな?っと感じてます。
そんな簡単じゃないでしょうけど・・・。
もし、それも理由のひとつなら
本当は、彼と出会った沢山の皆さんが、認めてくれて、必要として
その才能を褒めていたのに・・・。近すぎてわからなかった?

なんだか上手く表現できませんし、実際の事は当人達しかわかりません。
(こういうとき、芸術家の方は表現できる技術をもっているわけですよね)

事件もわからないことだらけでまだまだ時間がかかるでしょうし、
応援してくれる人もいれば、その反対の人もいる。
皆が許してくれても、自分の心の傷は残るだろうし・・・。
どうしたって、この先も色々あるでしょうけど、
嘘を背負って生きるよりは
背中も軽いと思います。

偶に思うのですが、
人生はやり直せないので、過去を背負って先に進むしかないし。
間違った事は、繰り返さないように反省する必要はあるけど、
過去を悔やんでもしょうがない事なんだ、
見方をかえれば、間違っても、先に進めるようにできてるんだ・・・。
これって「厳しさ・・・?。」「優しさ・・・?。」

新垣君。
どちらにせよ、私たちは、前に進むしか無いようですね。

あー、何を書いているのでしょう。
恥ずかしい。無能で・・・。

|

« 雪ではしかたなく | トップページ | 冷媒回収 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかげさまで:

« 雪ではしかたなく | トップページ | 冷媒回収 »