« 今日は修理に行ってきました | トップページ | 雪ではしかたなく »

2014年2月 7日 (金)

自分で判断すること

ゴーストライターの件、話題になっています。

前から思っていたことでもあるのですが、
社会的に守らなければいけない、法律や秩序や道徳など皆で
共有しなければいけない事などは別として
趣味趣向の事柄については
誰が作った曲だからすばらしいとか、誰が作った料理だから美味しいとか
なんでもそうですが、固定観念や周りの情報に影響されないで、
自分の感覚や考え方など、自分の判断で物事や物、芸術、商品・・・。
判断する必要があると思うし、この大量な情報社会ではとっても難しことですが、
そうしようと努力することが、訓練することが必要だと思います。
もしかしたら、「あの人が言っているから、正しいのだろう」とか、
「皆が言っているから、あの人は悪い人だ」という事にもなりかねない。
成功者と呼ばれている方々が用いた方法でも、自分にはあっていないかもしれない。
それを参考にまたは、そういう考えもあると認識して、「だけど自分はこうだ」というのなら
わかるが、それを全く同じに実行する人も見かける。
 食べ物の味だって、皆が美味しいと言っているのからこれが美味しい味なんだろうなんて
ことにもなっているかもしれない。
「まずい」とか「よくない」と直接的に言わなくても、わからなければ、
「自分にはわからない」とか「自分には好みじゃやない」とか、「自分は好きだな」とか
「自分はこう考える」とか
それで良いと思う。
自分が心から「おいしい!」とか「すごい!」とか「きれい!」など
感じたものが本物だと思う。
99人「まずい」といっても自分一人が「おいしい!」と思えばそれで合わせる
必要もないと思う。
そして、受けるほうも、「自分と違うからあいつは変わっている」とかそういう考えも
やはりおかしいと思う。
才能がある、能力のあるアーティストだって人間なんだから、
全部が全部良いものが生まれるともかぎらないですよね。
特に芸術系に関しては、絵の意味がわからないからとか、音楽がわからないからとか
そんな前置きはどうでもよくて、「なんていう作家作ったかわからないけど、
あの絵は好きだなあ」とか「気持ちが落ち着!」
誰が、どういう意味で作った曲なんだかわからないけど、あれは好き!
それで十分だと思います。
そうすれば、もっと気楽に楽しめる。
気に入ってから、作者やその背景、意味などを調べれば良いし、
逆に、調べたら、自分に浮かんだイメージと違ってびっくりしたなんて事もある
作者が山をイメージして作っていても、自分が海っぽいと思えばそれで良いと思う。
作ったほうの気持ちは微妙でしょうけど、でも何かが他人に伝わったわけですからね。

|

« 今日は修理に行ってきました | トップページ | 雪ではしかたなく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分で判断すること:

« 今日は修理に行ってきました | トップページ | 雪ではしかたなく »